地滑り土砂崩れ警報装置スーパーサッチャーの利用例

センサー分離タイプの導入イメージ図。

30mケーブル2本と20mケーブル1本を繋いで、警報機から80m先に感知機(センサー)を設置する例。ジョイント金具を使ってケーブルをつなぎ合わせていきます。

スーパーサッチャーに30mケーブル2本と20mケーブル1本を繋いで、警報機から80m先に感知機を設置する例

専用の分岐用ジョイントを使って警報機から20m先に1台、50m先に1台の感知機を設置するイメージ図。

スーパーサッチャーの専用の分岐用ジョイントを使って警報機から20m先に1台、50m先に1台の感知機を設置するイメージ図

30mケーブル3本と分岐用ジョイントを使い、警報機から60m先に感知機1台、90m先に感知機1台を導入するイメージ図。
感知機1→警報機~約60m離れた場所に設置。
感知機2→警報機~90m離れた差場所に設置。

スーパーサッチャーの30mケーブル3本と分岐用ジョイントを使い、警報機から60m先に感知機1台、90m先に感知機1台を導入するイメージ図

当商品のお問い合わせの際は下の郵便ポストの画像をクリックしてください。お問い合わせ用送信フォームにリンクします。



>>地滑り土砂崩れ警報装置スーパーサッチャー>> 質問と回答集>> 商品の価格